生理痛は人によって、症状も重さも現れる時期も異なります。 主な生理痛(月経困難症と呼ぶこともあります)の症状には、頭痛や腰痛、腹痛があります。 頭痛の原因としてははっきりとはわかっていないのですが、エストロゲン(女性らしさを作り、美肌効果があります)が影響しているものとされていて、中には排卵日に頭痛が起きるという方もいるそうです。 腰痛は女性ホルモン(感動するのも分泌量を増やすのにいいのだとか)のプロスタグランジンが原因とされていますが、骨盤のゆがみや冷え性(誤ったダイエットが原因で栄養失調になり、冷え性になってしまうこともあります)が原因となっていることもあるでしょう。 ひどい時には、腰が重いようなだるいような感覚になり、歩くことも辛くなってしまうこともあります。 腹痛は子宮の収縮が強くなると下腹部に痛みが現れますが、これもプロスタグランジンが子宮の収縮を促進ししまうことが原因になっているとされています。 他にも、このプロスタグランジンの影響で、吐き気や胃痛、下痢などといった症状が現れる人も少なくありません。 いずれにせよ、市販の薬が効かない場合や、あまりにも痛みなどの症状がひどい場合には婦人科を受診してみた方がいいのかもしれないですね。 何か病気が隠れているという場合もありますー